NISHIOKA | カタログ | 株式会社ニシオカ
267/280

品質管理鉄雲棒梯車止砂場ブランコ緩衝材つり輪・クライミングくもの巣ネットジャングルジムスベリ台シーソー太鼓橋・ラダーウェーブコンビネーション回転台ハントウ棒動物舎・鳥舎パーゴラシェルター・東   屋石山・築山ベンチ園名板・案内板小動物・スツールスライドシーソーハウス木製遊具健康器具水飲台合成木材キャンプ場防災ベンチ※品質管理※安全領域ニシオカ7. 1 製品表示7. 1. 1 製造者の表示 ① 製造者は、S:2014 QMS-SP表示認定審査に合格のうえ、「SP」マークを表示しなければならない。解説 7. 1-1:(SPマークとは)   SP表示認定企業は、「遊具の安全に関する規準 JPFA-SP-S:2014」に基づき、遊具の設計、製造、販売、施工、点検、修繕が行うことができる会員企業を外部審査委員会の審査により認定されている。認定条件は次の5つ、 ①JPFAの正会員であること ②「JPFA-SP-S:2014」、「一般公園施設の安全と品質に関する規準 JPFA-SPL-S:2014」および「公園施設設計・製造・施工規準JPFA-DPC-S:2014」などに基づき設計、製造、販売、施工、点検、修繕ができること ③公園施設製品安全管理士が適切に配置されていること ④公園施設製品整備技士が適切に配置されていること ⑤S:2014 QMS-SP表示認定審査に合格していること。特に⑤番目の「S:2014 QMS-SP表示認定審査」ではISO9001に準拠し、毎年外部監査を行ない品質の確保と、安全確認のプロセスを管理している。審査のうえ認定された会員企業のみが「SP表示認定企業」として製品には「SPマーク」を付した「SP製造表示ラベル」を、点検し安全が確認された製品には「SP点検済シール」を貼付することができる。すなわち高い品質管理能力と安全管理能力を会員企業に対して要求している。1. 9 製品表示 ① 製造者はS:2014 QMS-SPL表示認定審査に合格のうえ、「SPL」マークを表示しなければならない。解説 1. 9:(SPLマークとは)   SPL表示認定企業は、「一般公園施設の安全と品質に関する規準 JPFA-SPL-S:2014」に基づき、一般公園施設の設計、製造、販売、施工、点検、修繕が行うことができる会員企業として外部審査委員会の審査により認定されている企業である。認定の条件は次の5つ、 ①JPFAの正会員であること ②「一般公園施設の安全と品質に関する規準 JPFA-SPL-S:2014」および「公園施設設計・製造・施工規準JPFA-DPC-S:2014」などに基づき一般公園施設の設計、製造、販売、施工、点検、修繕ができること ③公園施設製品安全管理士が適切に配置されていること ④公園施設製品整備技士が適切に配置されていること ⑤S:2014 QMS-SPL表示認定審査に合格していること。「SPL表示認定企業」と「SP表示認定企業」が一般公園施設の製品には「SPLマーク」を付した「SPL製造表示ラベル」を、貼付することができる。高い品質管理能力と安全管理能力を会員組織に対して要求している。265

元のページ  ../index.html#267

このブックを見る